FeedPing

陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

PINGが送信された記事一覧 (全246件)
    • 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十一)

      夜の神鏡

    • インフルエンザ警戒注意報2019

      ほんとうに怖い今年のインフルエンザの猛威。1シーズンに二度罹患したり、高齢者が重症化しやすかったりするタイプが大流行中。予防接種していても油断できず、人混みをなるべく避けて、手洗い・うがいを励行しまし (...続く)

    • 映画「シービスケット」

      荒くれ馬に、落ちこぼれの騎手、行き場のない老調教師、そして傷心の大富豪。不況下のアメリカ国民を勇気づけた一頭と男たちを巡るノンフィクション・ダービー。

    • どうする、どうなる、日本の不適切統計

      消えた年金記録、厚労省課長への冤罪、年金支給漏れに、労働時間データの不正。さらには明らかに給付抑制を狙ったとしか思えない、このたびの統計偽装疑惑。ここ十数年の厚生労働省の不手際には呆れますよね…。国民 (...続く)

    • ブログやSNSに好きな作品の画像を掲載できなくなる?!

      ダウンロード規制の対象を拡大する著作権法改正の中間まとめ案。海賊版サイトのダウンロード漫画や動画に限らず、ネット上の著作物全般についても規制を検討中。下手すると、個人がネット上に好きなイラストや写真な (...続く)

    • SNSではバズったのに、書籍になるとパスされる漫画

      ツイッターやピクシブで好評の漫画を書籍化しても、思ったよりも受けない? 漫画ほんらいの質よりも、ネットでの話題性ばかりを尊ぶ傾向が、良作を埋もれさせているのでは…?

    • メカデザイナー村田護郎氏について

      「超電動ロボ 鉄人28号FX」「サクラ大戦」「円盤皇女ワるきゅーレ」そして、「神無月の巫女」。数々のロボットの出てくるアニメの裏側をささえたメカデザイナー。日本全国を巡回した、あの「新世紀ヱヴァンゲリ (...続く)

    • スマホで確定申告できるようになる

      パソコンのみだったe-Taxサイトがスマホにも対応。手続きに必要なIDとパスワードは、税務署にて無料で発行してもらえます。本人確認できる身分証をお忘れなく。

    • 映画「マッチポイント」

      陽のあたる場所に出たテニスボーイが、道ならぬ恋に溺れ、とり返しのつかないことを…。ウディ・アレンお得意の不毛なラブ&サスペンス。

    • 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十)

      夜の魔鏡

    • Happy Twenty! ──このふざけた大人の世界へようこそ

      成人の日になると、新成人の初々しい抱負の宣誓が報じられるとともに、新聞などで大人たるべき者は云々の訓戒を見かけるわけですが。自由にともなう責任も増えたいま、あの若かったころと比べてどうなのか、と自分を (...続く)

    • スクリーントーンの使い道

      断捨離をしていたら、むかし、柄にもなく熱中しすぎた趣味の残骸が出てきて、困惑することがありませんか。

    • 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(九)

      夜の姿見

    • 2019年にはじめまして

      遅ればせながら、新年の挨拶を。本年もよろしくお願いいたします。

    • どうしたって二次創作者はジャンルイナゴになりやすい

      旬の作品に触れることで創作の幅をひろげ、ファンのつながりを多くすることはできる反面、「わたしたち」の好きなカップルという定型化によって、作品の味わい方を固定してしまう恐れがないわけではない。

    • 読書を快適にするグッズ、あります

      日本が誇るあの有名なヒーローも大好きなんです! お風呂でも、通勤時でも読書が楽しめ、学習や読書への達成感を味わえる。読書シーズンならではの便利グッズについて。

    • 映画「アイランド」(2005)

      閉鎖的な地下施設で暮らし、夢の島への旅を夢見る人びと。だが、彼らには恐るべき秘密が…。生命倫理を問いかけるSFバイオサスペンス。

    • アニメ「神無月の巫女」ブックレットについて(四)

      旧版DVD付録のオールカラーブックレットで、作品をふりかえる企画、そのまえに。ブックレットの表紙に描かれた絵の意味を探ってみると…。DVD最終巻の表紙絵に仕掛けられたからくりにご注目!

    • 好きな作家もいれば、嫌いな作家もいる

      本とのお付き合いはその作家の最初の一冊が大事です。好きになったら、その作家の著作をとことん読み詰めていきましょう。自分と似たような職業観や人生哲学がある人物が出てくる小説は、やはりおもしろく感じます。

    • カラダは病を欺けない

      外国人労働者受け入れ拡大を前にして見なおされる、医療機関受診時の本人確認。医療保険制度へのただ乗りも問題だが、自分の病歴に無頓着であることの恐ろしさを認識したほうがいいのかも。