FeedPing

★☆☆☆☆★歴史タイムッス★★☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

歴史娯楽検証物語サイト「月刊・歴史チップス」のネタ集めを兼ねて日本や世界のウェブやブログから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(現・歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。

PINGが送信された記事一覧 (全21件)
    • 石見は世界の銀の3分の1を生産~毛利元就/本郷和人#09 日経ビジネス電子版 今回は金、銀、

      【人気ドラマ ヒットメーカー列伝】脚本家・大石静 常識にとらわれない“アンテナ”が武器 「いい男」見出す慧眼 ...ニフティニュースますますパワーアップした「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)。天 (...続く)

    • ホテルに生まれ変わる旧奈良監獄の威容 背景に幕末の「負の遺産」 Yahoo!ニュース 明治政

      『土方ふれあいの館 13周年記念イベント』 宍粟市KissPRESS土方ふれあいの館 13周年記念イベント』 宍粟市. 土方ふれあいの館(宍粟市)で4月1日、開館13周年を記念し (...続く)

    • 小松城跡 マップで魅力を 愛好家団体 ネットで製作費募る 中日新聞 小松城は安土桃山時代からあ

      国史跡記念、甲府城を学ぶ山梨日日新聞国史跡記念、甲府城を学ぶ. 2019年03月13日 07時37分. ツイート. 文字サイズ. スクラップ保存. 甲府城跡の国史跡指定を記念し県教委と甲府商工会議所 (...続く)

    • かわいい世話好きおねえちゃん城姫“土浦城”登場! 新イベント“常陸野の合戦大会”開始! 電撃オ

      乃木坂46山崎怜奈『お城総選挙』収録で大阪城ホールライブ思い出し 「すでに懐かしい」ニフティニュース同番組は様々な「人気もの」を総選挙で決定する企画シリーズで、今回は「日本のお城」をテーマにお城好き (...続く)

    • 『土方ふれあいの館 13周年記念イベント』 宍粟市 KissPRESS 土方ふれあいの館 1

      『土方ふれあいの館 13周年記念イベント』 宍粟市KissPRESS土方ふれあいの館 13周年記念イベント』 宍粟市. 土方ふれあいの館(宍粟市)で4月1日、開館13周年を記念し (...続く)

    • 「中島ブルー」変遷たどる 16日から中島宏さん追悼展 佐賀新聞 青磁の重要無形文化財保持者(

      松本城の観覧料、値上げ決まる 来年1月から大人700円に信濃毎日新聞国宝松本城(松本市)の観覧料が来年1月、700円に値上げされる。現在は大人410円。15日の松本市議会2月定例会で条例改正案が可決 (...続く)

    • 平成の化粧トレンドを分析 街頭調査で未来予測 日経トレンディネット 資生堂は1987年から、イ

      光秀醤油+ソフトクリーム+陣旗 インスタ映え「戦国氷菓」岐阜新聞光秀グッズは、光秀が主人公の2020年NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に向けて、昨年11月から企画を始めた。これまで光秀玉手箱 (...続く)

    • 猿啄城の攻防 信長の東美濃攻略第2弾 富加町など発行 /岐阜 毎日新聞 一方、資料編では、城

      松屋銀座で「誕生80周年 トムとジェリー展」 原画や資料など250点銀座経済新聞2020年に「トムとジェリー」が誕生80年を迎えることを記念して開催される同展では、日本初公開となる貴重な原画や初期の (...続く)

    • 少年の成長を軸に描いた独創性の高い幕末もの 『お茶壺道中』 カドブン 本書を読むと、題材選定

      「海軍第三火薬廠」実像追う読売新聞第1部では、同校建設システム工学科の助教と講師が、それぞれ「地中に埋もれた海軍第三火薬廠跡」、「第三火薬廠跡から探る海軍の建築技術~コンクリートに ... (...続く)

    • 「日本ボクシングの父」渡辺勇次郎展の計画始動 矢板で親族ら 下野新聞 【矢板】日本ボクシング

      日本画の美堪能 高山で名品展読売新聞高山市中山町の美術館「光ミュージアム」で、開館20周年記念特別展「近代日本画名品展」が開かれている。 同館所蔵の人気の高い作品と、近年新たに加わった . (...続く)

    • 「印象派、記憶への旅」展 レストラン特別メニュー・オリジナルグッズ・観光情報のご案内 PR

      岡御殿企画展「幕末おひなさま展」よさこいネット岡御殿企画展「幕末おひなさま展」. 江戸時代に商業で栄えた田野町。その中でも随一の豪商「岡家」の伝統的な書院造りのお屋敷「岡御殿」で、町内に伝わる&nb (...続く)

    • 手塚雄二展――100年後に明治天皇の気配を描く 朝日新聞社 手塚雄二展 光を聴き、風を視る」が、

      蒸気機関車写真展・国鉄七尾線 終焉のC56」開催鉄道ファン京都市東部文化会館「ギャラリー・エコム」では,2019(平成31)年4月3日(水)から15日(月)の間,「蒸気機関車写真展・国鉄七尾線 終焉 (...続く)

    • タモリ「人口的な街なんだね。全然知らなかった」 パリが“不衛生な街”から“華の都”に変わった

      半世紀にわたるヒット作 トヨタ・ハイエースの歴史carview!ハイエースは1967年に初代モデルが発売されていますので、昨年で50年、じつに半世紀にわたって作られているクルマです。これだけ長い歴史 (...続く)